趣味の袋もの

アクセスカウンタ

zoom RSS Cephalotus

<<   作成日時 : 2013/12/23 10:18   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像
この品種を栽培していると水苔での栽培よりピートや砂での栽培が向いているのが良く判る。
また環境の変化に弱く気に入った微環境を保持してやることが大切である。
今年の猛暑は関西でも大変なもので、今は復活してきたが、数百株のディオネアが地上部を真っ黒に
枯らした。
本種は夏には成長を止めじっとしていたが、あまりの酷暑にフレームから親株十数株を木陰に移動
した。直後に調子を崩し、涼風が吹く晩秋にパッタリ枯らしてしまった。写真の親株はフレームに残した
ものの内の1株である。自生地のように袋を積み重ねている。
やはり冬は加温せずに無加温で栽培するのが良いと思い、親株はすべてフレーム小苗はさすがに
かわいそうなので温室で加温栽培している。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cephalotus 趣味の袋もの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる