趣味の袋もの

アクセスカウンタ

zoom RSS セファロタスハマーズジャイアント

<<   作成日時 : 2013/03/23 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
画像


セファロタスのハマーズジャイアントについてその歴史は浅く、米国の研究会会誌によれば1986年9月に米国のハマーズ氏の手元にオーストラリアから到着した株の中に大型の捕虫葉をつける個体を発見しそれをご自身の名前をつけて区別したのが最初である。研究会への発表のタイミングはそれより十数年後であるためにこの名前が流通され始めてまだ7−8年しか経過していない。
私がこの名前を意識したのは米国の研究会に発表後であるが、実は大型の捕虫葉をもつ個体を見たのはもっと前であり、それが同じ系統であれば、大型の個体はかなり前から国内に導入されていたことになる。
当時は栽培者の力量と感心していたが、いま本種の個体を複数のナーセリーから導入比較栽培すると当時見た個体はハマーズ氏が区分した大型個体である可能性が高いと思っている。

初めて目にしたのは1976年か1977年の夏、伊勢丹での展示会であえて出品者のお名前は伏せるが、5−6pの袋を7−8個つけた個体であった。袋は赤紫色に染まりその存在感は強烈に印象つけられている。

その後1983年の夏、愛知の名古屋園芸株式会社の売店で同じく大型の個体が複数販売されていたのを購入した。全ての株が開花中でありプラスチックの化粧鉢にピート単用で植えられていたため水はけが悪く、当時会社の独身寮で生活していたために満足な手入れもできず枯死させてしまった。

通常個体との区別は単に大型の袋をつける以外に違いを見出すことができないので今後本種を購入される場合は相手を信用する以外にない。

ただこの実生苗というのが販売されているが人工的に種をとったものか不明であり、理解に苦しむ。
いずれにしても謎の多い品種である。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
栽培品かなり大きそうですね。何センチくらいなのでしょうか。
うらやましいです。
20年近く前に某所の展示会で6センチの袋がいくつもついた立派な個体を見たことがあります。一正園の系統だったそうですが、それ以降同じ大きさにはなっていないそうです。
メリクロンと実生は性質にかなり差があるようですね。
去年購入したハマーズの実生は他の個体と違い、生育がとても早く細毛も均一で期待しています。無菌播種されたものと思っていますがどうなのでしょうか。
今出回っているのはほぼメリクロンと思うので、国内実生された個体が出回ればもう少し育てやすくなり普及する気がします。うちでは4センチ以上着けた事ないので5センチ以上目指して頑張っています。
mm
2013/03/23 19:16
20年前ですか。やはりそうでしたか。栽培下で結実しないと聞いています。原産地からの採集種子でしょうか?セファロの系統についても1属1種であっても変種があるのかもしれませんね。ディオネアのように。
mr.viking
2013/03/24 08:24
これは大きくて見事ですね。
生水苔とセファロタス、よく似合いますね。
我が家でも生水苔を少し足しています。
ジャイアントは我が家になく、また希少種だと思っています。
早く普及してほしいものです。
ピイちゃん
2013/03/24 09:39
ハマーズジャイアントってそんなに昔から有ったんですね。(^^ゞ

私も実生由来の物を入手して栽培していますがまだ小さいのでこれからどうなるか観察中です。

ジャイアント系と言うのは大きくなりやすいと言うことはいえると思いますが、その他の物との違いと言うのはやはり難しいですね。
ジャイアント系でないものでも、栽培方法によっては十分に6cmぐらいの袋を付けるので、大きくなるのは作り方によるのかもしれません、ただ自生地ではそんなに大きい物は無いそうです。
以前集会でジャイアント系といわれるものでない系統で、大きな袋を付けた物を見ました。

国内で開花結実させて実生繁殖も確認されているので、栽培方法によっては種も取れるので種子繁殖による変異に期待できるかもしれません。
大阪屋
2013/03/27 10:04
大株に仕立てても3−4センチ止まりのものと6−7センチの袋をもつものは明らかに何かが違うと思うんですがね。ディオネアと同じ鈴木系が欲しければその系統を維持栽培している人から譲りうけるしかありません。大型になる系統をすべてハマーズと呼んでもいいのですが、それは御当人に了解をもらう必要がありますね。ヤフオクでも知らずに出品している方がいます。それを知らずに購入するとお互い不幸です。いずれにしても稀少種なので大切にしたいものです。
mr.viking
2013/03/28 16:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
セファロタスハマーズジャイアント 趣味の袋もの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる