アクセスカウンタ

<<  2012年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
クリペアタ
クリペアタ 自生地の写真を見ると根元には水苔土壌に見える。ただし根は岩肌の亀裂にたまった僅かな土に食い込んで いるように見える。水苔は生きて盛り上がったようには見えず、強い日射によってまた定期的なスコールに よって乾湿が適当に繰り返されているようだ。本種を火山礫に植えると根が礫を貫通して下へ伸びる。 したがって栽培は過湿を極端に嫌う。水苔単用の場合は灌水に熟練がいるだろう。 ベラボンにピートで植え込み上から灌水する。周りは礫をつめ上に水苔を貼っている。 少しでも故郷の環境に近づけてやることが重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/25 13:58
アンプラリア
アンプラリア この品種の我が国への渡来は1927年との記録がある。戦後1958年に再度生品が導入されたという。 私がこの品種を初めて見たのが1975年東京の新宿御苑の温室であった。 温室内に更に小型フレームを設置しその中で大切に栽培されていた。その後八丈島の一正園から 発売されたのを記憶している。写真のものは2000年にバンコクから輸入したもので、いまでは現地 植木市などでも簡単に手に入る。交配によって様々な変異をみることができ楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/18 06:14
ブルケイ
ブルケイ この品種の我が国への渡来は1967-8年にかけてで、1889年の発見記載以来初めてのことである。 採集者は倉田氏で私は氏から本種再発見時の話を聞く度に感動を覚える。 発見には大変な日数と労力を要したようで、同行したポーター達は発見場所をkurataと名づけようと 提案した程だったという。彼の苦労があればこそ今私たちはこの植物を楽しめるのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/16 22:46
久しぶりの更新
久しぶりの更新 ビーチの袋はいつみても美しい。ネペンテス愛好家の永遠の憧れがこのビーチ。 それほど高湿度を必要としない。夏は暑がるので風通しよく排水の良い用土に 植え管理する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/11 12:57

<<  2012年11月のブログ記事  >> 

トップへ

趣味の袋もの 2012年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる